あさな夕な

〜 Le cartonnage「小箱教室」と、青森のくらしの手帖〜
一人旅

台風の大雨で

甚大な被害が出ている

岩泉町

ただただ心が痛み

お見舞い申し上げます

 

 

*******************************

 

 

大人になって

はじめての一人旅は

岩泉への旅でした

※64−20=44年前wow!

 

盛岡から山田線へ乗り換え

茂市駅から分岐して

開業したばかりの岩泉線で

龍泉洞へ

バックパッカーの一人旅です

 

YH(ユースホステル)に宿をとり

時刻表とカメラと周遊券を持って

東北一周の旅に出かけました

 

悠久の時を経ても変わらないものを求めて

まずは、限りなく透明なブルーの地底湖

龍泉洞へ

 

そして

地理的な好奇心から

教科書に載っていた

田老の巨大な防潮堤を視る

 

三陸のリアス式海岸を実感しながら宮古へ

静寂な浄土ヶ浜へと気ままな一人旅をしました

 

 

旅はまだまだ

この先は光堂へと

「おくのほそ道」逆行の旅が続きます

 

つづく足跡

 

 

 

******************************************

 

 

陶展のお知らせ

 

 

宮古和人 陶 展

2016  9/7(水)~11(日)

10:00~18:00  (最終日 17:00)

 

工芸店 すくも

青森市勝田2-4-8

017-777-6571

 

※宮古和人さんの「陶工房里一」は岩手県久慈市にあります

今回の台風で被災され、事前に届いていたわずかな作品のみの展示販売です

手づくりの陶器の質感がやさしく、やわらかな雰囲気のデザインが人気です

お時間がございましたら是非ご覧くださいませ

写真はテーブルに映える大皿

嶽きみ、毛豆も似合いそうですね!

 

 

 

************************************************

| がんばろう東北 | 15:25 | - | - |
〜信号待ちで〜
      信号待ちで、新町通りに鐘の音が...
          2時46分でした。
            黙祷 祈り



 
| がんばろう東北 | 17:39 | - | - |
〜四捨五入〜
      アキちゃんたら、67才のナツばっぱをつかまえて
         四捨五入したら100才だべ!! 
           って面白すぎるネ。
          ラストが近くなってきた。



    春先5月ころ、セントラルパークで、なんか?やってました。
              


           チーム名にご注目!!
     


      へぇ〜、はじめてみました。ペタンクゲーム。       
       
       
       



| がんばろう東北 | 11:15 | - | - |
〜おらに、でぎるごど〜

2011年 3月 欲しいものは何ですか?    
    
    4月 子供たちのスクールバッグが欲しいです。       
    布はもちろん、針も糸もミシンも... 何も無いんです。      

    解りました。すぐにお届けします。    
    こうして始まった、手芸愛好家による津波の被災地支援プロジェクト。  

財団法人日本手芸普及協会が、通園・通学バッグの制作協力を呼びかけました。
あの日、TPICSを見た大勢の手作り大好きさんが、ネットの力で動き出しました。
    1枚作った人。      
    10枚作った人。      
    呼びかけ前から100枚くらい作っていた人。      
    おらは、2枚作りました。      
子どもたちや、パパさんママさんの悲しむ姿を見て、     
いてもたってもおられぬ想いがありました。



最終1,000枚を目標として、作り方を統一した、シンプルな布バッグです。   
ところが、数日で1,000枚を突破! (プロジェクトは終了しています。)

なんと、全国の1万名の方々から、約6万枚のバッグが寄せられたといいます。
川崎から青森へ呼びかけ、参加してくださったritsukoさん、ありがとう。

そして今日、仙台からうれしい報告がありました。
仮設住宅に閉じこもりがちな被災者に、工作や手芸のワークショップで笑顔をお届け
する支援活動を続けている、仙台在住時代のママ友、otakaさんからの報告です。
※otakaさんは、1泊2日でアトリエにカルトナージュのレッスンを受けに来ています。

仮設ワークで、紙筒やテープの芯を利用した「アクセサリーケース」と「メガネスタンド」作りを
楽しんでいただいたそうです。
地元の手芸店マブチさん、凸版印刷さん、ご協力ありがとうございます。



みんな自分にできることをやっているんですね。
うれしくて、うれしくて、胸が熱くなりました


| がんばろう東北 | 23:34 | - | - |
〜種市先輩〜
八戸駅から修学旅行生が、わんさかわんさのにぎやか乗車で
あっという間に2号車は満席に!
     

立席券の小箱は、コーヒーとほやを持って、車両を渡り歩き
生徒様の後ろに座る羽目に。
まいっか。
種市先輩もどきの子もいたしイケメン
一校は共学、もう一校は男子校のようでした。
添乗員のお姉さんは、すでに「おねえさ〜ん」と慕われていて
ほほえましい光景に和みましたわ。
ほどなく盛岡へ到着。

     

さて、何十年ぶりかの盛岡駅下車。
路線バスで岩手県立美術館へ向かいました。

     

平日にゆっくり観賞したい人びとが、次々にやって来て
美術館は予想外に混雑していました。

しかし、今日からの4日間、常設展が作品入れ替えのためクローズしていて、
松本俊介を楽しみにして来た小箱と、東京から駆け付けたらしきご婦人と
二人で顔を見合わせ、同時に「ガッチョ〜ん!」と言っていたようなパンダ

プライスコレクションも6/16〜作品を入れ替えての展示です。
若冲は、TVで何度も観ていましたが、TVには映らなかった
他のコレクションとともに、日本画の世界を堪能いたしました。(〜7/15まで)


  
レストランも満席で、少し順番待ちをしました。

                             つづく





| がんばろう東北 | 10:33 | - | - |
〜Jakuchu's here!〜
岩手県立美術館に“若冲が来てくれました”ので、
プライスコレクションを観に行ってきました。



新青森駅から はやて に乗ります。
乗り継ぎの電車は、青森駅を7:56発。

じぇじぇ「あまちゃん」が見れない!
BSで7:30からの「あまちゃん」を見ても7:40には家を出ないと、はやてに乗らいね!
しょうがない。
7:40に、散歩の近道を自転車でカッ飛ばす自転車
おら、アキちゃんみたいだったョ。

マジ、カッ飛ばして駅前に到着。
ラビナの前から駐輪場までの通路を高校生が、自転車を引いて歩いてる〜。
おりこうぶりに感心した。
気が付けば「見張りのばっちゃ」が誘導している。
ははぁ〜ん、このばっちゃが厳しいらしいので、みんな素直に従っているんだネ。
小箱も17才にもどり従う。
駐輪場までの2分が長い長い。
タクシー乗り場の手前から、女子高生が自転車に乗る。
もう、ばっちゃには見えない。
通行人に気配りしながら小箱も従う。

駅の時計が7:50を指す。
改札を通る。
なんだ、この降りてくる人、ひと、ヒト。
ねぶた祭りに見る以来の人の波。
そうだ、働く人のラッシュアワーなんだ。
9対1で端っこを一列にホームへ向かう。
よりによって、奥羽本線は一番奥の五番線。
ホームが遠〜〜い。
前を行く人も乗るはずなのに、歩みがの、ろ、い。
なんで、なんで...
一人、都会歩きで追い越す小箱が哀しい、はずかしい。

どちら様も、悠々たどり着いて乗車完了。
おっと、駆け込む人もいて、ここは変わらぬ風景だ。
それでも、車内はぎゅうぎゅうではなく、座れないけど、楽々モードなの。

一駅で新青森駅着。
いざ、新幹線ホームへ。
平日はこんなものかと...
   2号車は、乗客三人で貸切状態!!
   


東北新幹線での楽しみは、オレンジの小箱(乾燥ほや)とHotコーヒーコーヒー
津軽じょんがら節が聞けたら最高なのだけれど、それはない。
もう一つの楽しみの、車内誌を読み終えるころ八戸に到着。
   


   エっ、じぇじぇじぇー!!

                       つづく




| がんばろう東北 | 23:38 | - | - |
〜もしイタ〜
青森中央高校演劇部公演
もしイタ2013
〜もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだら

東日本大震災被災地応援のために作られ、全国高校演劇大会(2012年8月)最優秀賞を受賞しています。


   
 メモリアルシップ八甲田丸での上演を観てきました。

震災でチームメイトや家族を失い、青森に転校してきた主人公の成長を描いて、被災地にエールを送っています。

被災地のどこででも公演できるよう、小道具や照明、音響も一切なし。
効果音は全員の肉声でした。

コーチもいない、部員数8人、女子マネージャー1人だった野球部を部員9人、女子マネージャー2人で甲子園出場を目指すチームに変えていく、笑いあり涙ありの高校生活劇です。

コーチに呼んだ『イタコ』のばっちゃ!

イタコが何者かを知る青森の人なら、予想のつくストーリー展開なのですが、意表を突くイタコの出現と、その名演技で笑わせてくれます。

コーチのおかげでチームは徐々に変わり、地区大会をあれよあれよと勝ち進み、ついに決勝戦を戦うことになりました。

相手は、海田山田高校を下した、強豪ああ星こう星高校です!(笑笑笑)

試合は、15回0−0、そして結果は、...ぜひ公演をご覧になって下さい。
泣けました。

もしイタは、2011年9月の高校演劇東青下北地区大会の初演から数えてツアーは3年目。
演劇部顧問の畑澤聖悟さんは、現役の高校教諭、劇作家、演出家でもあります。
これから東京、宇都宮、大阪での公演が決まっているそうです。 入場は無料。





| がんばろう東北 | 23:14 | - | - |
〜ビュワーン〜
くすだま祝はやぶさ時速320キロ運転開始 新幹線 ビュワーン ビュワーン はしる〜♪




   ペン鉄 はやぶさ 
   





| がんばろう東北 | 15:18 | - | - |
〜雪の町から〜
     
     
     怖かったね。

     この2年間、大切なものとか、勇気とか、愛とかを想いました。

     私もあの日を忘れない。

     灯りを燈して黙とうをささげます。

     






| がんばろう東北 | 14:31 | - | - |
〜モーリーくんと金太郎〜
線路から三軒目、2階アトリエの窓から見える、モーリーくんと金太郎。

     金太郎は、EH500形電気機関車の愛称で、JR貨物を牽引しています。
     マサカリを手にした力持ちの金太郎が描かれています。

     この日は、津軽海峡線の事故で運休。
     近くに停車していて、手持ち無沙汰の金太郎でした。
     


     モーリーくんは、2両編成の青い森鉄道のキャラクター。
     毎日、定時に休憩していて、ほっこりします。
     15:40 ポーッと汽笛を鳴らして、手を振って、ここから出発して行きます。
     


     仙台駅にて、
     がんばろう東北!
     
     

     ちょっぴり鉄子な小箱です。





| がんばろう東北 | 15:58 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE