あさな夕な

〜 Le cartonnage「小箱教室」と、青森のくらしの手帖〜
「シャガール ー 三次元の世界」展

 

桜が満開になった日曜日

県美のシャガール展に行って来ました(〜5/6まで)

 

 

※ジュニアのためのガイドブック

 

 

県美が所蔵する、バレエ「アレコ」の舞台背景画は

第1幕、2幕、4幕目の3枚ですが

 

今回は、フィラディルフィア美術館所蔵の第3幕目を借用し

全4作品がアレコホールの巨大空間に勢揃いしています

 

2006年7月の青森県立美術館開館記念展が

シャガール『アレコ』とアメリカ亡命時代展でした

 

私は、ちょうど父の介護のために青森へ来ていました

 

亡くなる数日前に訪れましたので

忘れられない展覧会になりました

 

 

楽し気な恋人たち

 

誕生日の花束

 

故郷の思い出

 

聖書の物語り

 

ユダヤの伝統

 

バレエ「アレコ」の衣装

 

この時も「アレコ」全4幕展示

 

 

2006年のこの展覧会を観て

シャガールの愛と幻想の世界を深く知りました

 

今回は、絵画と陶器や石彫、ブロンズ像など

立体的な作品群とその下絵も紹介しています

 

好きな絵は、いつも

行きつ戻りつ何度も観ます

 

今回も3点の絵画の前を行ったり来たり離れたりちゅん

 

 

「アトリエの窓」

 

「赤い背景の花」

 

「回想」 

   

 

さぁ、本で観るか...

本物を観るか......絵

 

 

 

 

あおもり犬は、いつもここにいます花

 

 

 

 

 

| 青森の宝物 | 17:58 | - | - |
青天の霹靂のお酒

今日の青森はお天気上々、久々に一日晴れました太陽

庭のクロッカスが輪になって明るく咲いています

 

 

 

 

 

 

今日から県内のお土産店で

「桃川 大吟醸純米酒 青天の霹靂」が限定販売されました

 

試みの1,500本だというので

まずは 9:30 にアスパムへ一番乗り自転車

 

お一人様1本を購入できました

 

 

 

 

 

 

夏のお土産にと1本購入しましたが...足りません_| ̄|○汗

 

そうだ、ワラッセにもあるかもと

行ってみました自転車

 

 

 

 

 

おみやげコーナー

 

 

 

 

こちらも数量限定の入荷だそうですが

購入数には制限がありませんでしたぱんだ

 

 

 

 

 

 

エントランスホールに、小学2年生が描いた下絵を元に

立田龍宝さんが制作したねぶた「まもり」の展示がありました

 

エビや魚が波に乗って泳いでいます水玉

 

小学生下絵コンクール最優秀作品だそうです

ねぶたにしてもらって良かったねびっくりマーク

 

 

 

 

 

| 青森の宝物 | 20:16 | - | - |
そして弘前へ

ドライブ日和車の4日

弘前公園へ行ってきました

 

 

 

 

 

外濠のソメイヨシノは散ってしまいましたが

枝垂桜を楽しみに本丸へ向かいます

 

 

 

 

 

 

少し遅れて咲く八重紅枝垂れやウコンも

今が盛りの頃合いとみて...

 

 

 

 

 

 

本丸の辺りは家族連れや観光客で大賑わい

 

 

 

 

 

 

二の丸の南内門を抜けて

 

 

 

 

 

 

弘前城植物園のさくらの園へ


 

 

 

 

 

さくらの園では満開の八重桜と枝垂桜がたおやかに饗宴

ここは立ち寄る人も少なく

 

 

 

 

 

ゆったりとお弁当を広げる人や

自撮りを楽しむ人がいて

 

鳥のさえずりだけが響きあっている

この時期だけの秘密の花園です

 

 

 

*****************************************************

 

 

 

 

地植えしてから初めて咲いた

我が家の仙台八重紅枝垂れ

 

4年目の桜は

枝垂れた枝先にひっそりと

三輪咲きました水玉

 

 

 

 

| 青森の宝物 | 10:23 | - | - |
RING-RING と桜吹雪

 

 

4/28 新幹線に乗って新幹線

リンリンに会いに行ってきました

 

 

 

 

トコトンもいて

可愛さにやられてしまいましたワン

 

 

 

 

もちろんヤヨイちゃんもいましたけれど...

六本木ではありません

 

ここは三本木

十和田市現代美術館のアート広場です

 

園児たちが

リンリンに乗っかって遊んでいます

子どもも大人も笑顔になる広場なのでしたハート

 

 

 

 

 

十和田市現代美術館へのアクセスは

新青森駅から七戸十和田駅まで一駅

東北新幹線で15分

 

 

 

 

 

バスに乗り換え美術館前まで40分汗

 

バスを降りると

「ゴースト」がお出迎え

 

 

 

 

 

そして広がる水玉ワールド

「愛はとこしえ十和田でうたう」草間彌生水玉

 

 

 

草間彌生展「わが永遠の魂」は東京・六本木 国立新美術館〜5/22

 

 

 

美術館の入り口には

駒街道と繋がるモニュメント「フラワー・ホース」

 

 

 

 

 

 

いくつもの箱型展示室が連なる美術館を巡り

 

 

 

 

 

 

café と shop の [cube] でランチをしたら

 

 

 

 

 

コーヒーカップが LOVE FOREVER

 

 

 

 

 

桜満開の官庁街通り(駒街道)

 

 

 

 

道幅の広い遊歩道を往復2キロ程

えっ、うそー、ほんとにひとり占め

みんな何処にいるの?

 

桜吹雪の中をゆっくりゆっくり散策しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キュン水玉

 

 

 

 

明治時代に陸軍の軍馬補充部があったことから

三本木は馬産で栄えたそうです

 

 

 

 

 

歩道側には桜並木

車道側には赤松の緑

所々にアートなオブジェ(ベンチ)

 

向こう側を折り返して歩いていくと

 

 

 

 

 

図書館の前にもお馬の親子がおりました

 

 

 

 

 

桜の花びらが何度も耳を塞いで...

なんて素敵な道でしょうと思っていたら

 

 

 

 

 

 

この道は

「日本の道百選」に選定されていました

 

 

 

 

 

 

 

バスの時間まで cube で一休み

2杯目のコーヒーカップは PUMPKIN でした水玉

 

 

 

 

I Love 知らない町へのひとり旅ぱんだ

 

 

 

 

| 青森の宝物 | 11:11 | - | - |
子どもねぶた

今日は、小雨の中を近所の神社から出発した

2台の子どもねぶたが

町内を練り歩きました

 

 

 

 

 

小さいながらも本格的と思ったら

龍宝さんのねぶたでした(古川小学校)

 

どこかで花火の上がる音もして

夏が来たって感じです

 

 

 

************************************************

 

 

NHKカルチャー受講生の合同作品展が終了しました

41講座を3期に分けて展示しました

会期中のご来場に心より感謝申し上げます

 

カルトナージュ講座

 

 

 

ねぶたを作る講座

講師はねぶた師の竹浪比呂央さん

 

 

 

 

| 青森の宝物 | 23:37 | - | - |
田んぼアート2016

ELM教室の帰りに

田舎館村の田んぼへ寄り道して

一足お先に、今年の田んぼアートを

見てきました
 

4階の新展望デッキから 6/18


 

山本くんだぁ(石田三成)


 

草刈さんだぁ(真田昌幸)

 

なんで大河真田丸なのって

三成の三女が津軽信枚の正室だった

というご縁からだそうです
 

5/29に田植え体験ツアーが始まって

もうこんなに生育しています
 

実る頃には、七色の稲穂が風に揺れて

顔の表情が変わったり

旗がはためいたり

3Dに浮かんで見えるんですよ
 

8月は、1〜2時間待ちなので

今日の田んぼを見てきました
 

本日は展望デッキに二人っきり!

晴れていると

振り向けば

絶景かな

岩木山が見渡せます

今日は曇り空

 

田んぼアートの始まりは

平成5年の「稲作体験ツアー」から
 

あら、岩木山だわ!
 



***************​*************************    

| 青森の宝物 | 23:45 | - | - |
県美10TH
青森県立美術館開館10周年記念の志功展に行ってきました

 
スタッフのスモックはminaのchoucho



受付でカードを更新してチケットと交換

チケットの画
行く度にはじめて見る作品もあって
キャプションと照らし合わせながら、じっくり鑑賞を楽しみました



  
エレベーターも階段も、雪道のような白い美術館です



館内のここだけは撮影OKスポット











あおもり犬 




********************************************************
| 青森の宝物 | 14:26 | - | - |
津軽塗
〜津軽うるし万華鏡3〜
古き技を未来へ繋ぐ
津軽塗技術保存会 成果発表会

2016.3.11~13

10:00~18:00(明日は17:00まで)
青森市民美術展示館 3F




市民図書館で見たポスターに魅せられて
またまた雪降る中を
展示館へ行って来ました


藩政時代の津軽家から伝わる
古い津軽塗の技法を用いた再現作品、課題作品の数々

*** 津軽塗伝統工芸士の作品 ***


八角五段重箱「お祝い」




八角五段重箱「季節」


津軽塗の四技法
唐塗
ななこ塗
紋紗塗
錦塗
(※撮影の許可を得ています)

紋紗塗、錦塗
こんなに美しい津軽塗を見るのははじめてのことでした



**********************************************************



 
道具の展示



  
木地師による、下地となるヒバ材の指物...これもまた美しい




若い作家さんのオリジナルデザイン



***************************************************




今朝も青森は雪でした 3.11 スミレ




*******************************************************
| 青森の宝物 | 15:42 | - | - |
駅前ビーチ
     暑かったけど、海を見ながら散歩してきました 7/12

     A-Factory 脇のちいさなビーチに降り立って
     ガラス細工のようにキラメク波と、波間を泳ぐ
     稚魚を見つけては、みんな、はしゃいでいます


     
  

 
     実はここに、壮大なビーチ造成の計画があります
     あったらいいなと思います 詳しくは→こちらに


     



     本日のリーダー、三上さんの案内で出発〜新埠頭へ
     木道のラブリッジを渡り、青い海公園までの間には、
     船が出入りするための可動橋があったり、海側から
     見るワ・ラッセの壁に八甲田丸が写っていたり、魚が
     跳ねたりと、新しい発見がありました


     
     ※前方のワイヤーの部分が八甲田丸側へ動きます



     遊覧船の発着所では、船長さんがカモメにおやつを
     上げていました ※松島の遊覧船を思い出しました


     



     小さな小さな蒸気船からは、汽笛のごあいさつがあっ
     たり、それに答えて手を振り合ったり、ほほ笑ましい
     海の時間を共有しました ※こちらも遊覧船です


     



     散策の終点、新埠頭の丘の上では「SMILE & SPOON
     キッチンスタジオ」さんのスペシャル!海の幸弁当を
     いただきました ※地産地消の美味しい満腹弁当です


  



     帰りは、ねぶたの仕上がり具合を覘き見て、なんだかやけ
     に陽射しが強く...流れる汗が目に沁みて痛くなりました  
     33℃ あったようです ※熱中症に気を付けましょうね  
  
 
     



************************************************************
| 青森の宝物 | 21:52 | - | - |
縄文時代
     約5500年前の生活を想像してみる。
     あまりにも遠い時代のことなので想像するのは難しいですね。

       

     10年ぶりに、三内丸山遺跡へ行ってきました。
     シアターやミュージアムのある時遊館のトンネルを抜けると、
     そこには縄文時代の集落跡があります。

       

     縄文時代のムラを体験できる公園として、遺跡の保存、
     整備がされています。※見学もガイドも無料です。

     約5500年前から、4000年前までの1500年間続いたムラの跡...
     住居エリアと区分けされた盛土(ゴミ捨て場)には、1500年分
     のゴミが堆積してあるのを今、ここで見ることがデキルンデス!
     夕べ食べた魚の骨じゃぁナインデス...4000年〜5500年前のよ!

       


     そして、今回は展示がなく、見ることができませんでしたが、
     はじめて見た時、感動で鳥肌が立ったものがあります。

       それは、網代編みの『縄文ポシェット』
       中には、胡桃の殻が入っていたそうです。
       
       
       縄文まほろば博‘96 東京三越美術館にて観覧
   
     クリやクルミが、出かける時の、ガムみたいなおやつだったのかなぁ
     って思ったり、誰が編んだのかなぁ、おしゃれだったのかなぁって、
     あの日、とてつもなく遠い遠い過去に思いを馳せたのでした。
   
       
       なぜ滅びたのか
       交易がありました
       伝染病があったのでしょうか
       豪雪、冷害、飢饉、争い、まさかの少子化
       みんなはどこへ行ったのでしょうか
       そして、私たちはどこから来たのか
       そんなことを考えた一日でした。5/4



       
          
    ※縄文ポシェットの展示期間は未定で、例年だと夏休みに合わせて
     展示するそうです。



****************************************************************
| 青森の宝物 | 17:24 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
PROFILE